NOW LOADING...

RIZAP

RIZAP REAL

STAFF

RIZAPで働くスタッフの声

2018.07.23

店舗の落ちこぼれが何故アドバンスドチーフトレーナーに?成功の鍵を握る思考の切り替えとは


akasaka_04
六本木店 アドバンスドチーフトレーナー
赤坂 紘平(あかさか こうへい)

ライザップ六本木店 アドバンスドチーフトレーナー。2015年2月中途入社。前職は電気通信業。趣味は服や家具のショッピング。小学校から大学までアイスホッケーを行なっていた。

STORY 01 店舗の落ちこぼれがアドバンスドチーフトレーナーに!?

今回は、ライザップ六本木店でアドバンスドチーフトレーナーを務める赤坂紘平さんにお話を伺います。早速ですが、アドバンスドチーフトレーナーとは何ですか?

赤坂トレーナーの階級の一つです。トレーナー<チーフトレーナー<アドバンスドチーフトレーナーという階級があり、ペーパーテストと業務態度、成績などを総合して任命されます。

ということは赤坂さんは、知識も豊富で、人柄もよく、ゲストからの信頼もあついトレーナーということですね!

赤坂そう言われると否定したくなりますね(笑)ですが、入社当時は店舗の中での成績はかなり悪い方でした。ゲストが期間中に途中で来店されなくなってしまったり、連絡が途絶えてしまったり。当初設定した目標体重には落とせているためクレームにはならなかったものの、魅力の無い浅いセッションしか提供できていなかったのだと思います。思い返すと大変申し訳ないことでした。結果がなかなか出ないときは、仕事内容がマンネリに感じてモチベーションが更に下がってしまって。ゲストと深い関係性を築けていない自分が原因なのにも関わらず、です。

赤坂さんにもそんな苦労の時代があったんですか!

赤坂入社後8、9ヶ月経った頃が最も残念な時期でしたね。ですが、水戸店への異動をきっかけに状況が一変したんです。

STORY 02 天地の差を生む思考の切り替えとは?

水戸店への異動ですか?

赤坂水戸店が新規オープンしたタイミングで異動のお声がけをいただきました。本音を言えば、異動したくなかったんですよね。それまで勤務していた新宿3丁目店が好きだったので。でも異動は仕方のないことですから、いやいや引越しをして水戸店に向かったんです。すると、水戸店の当時の店舗責任者の八木竣平さんから「面談するので!」と言われて、「はいはい」みたいな感じで。

もう完璧にふてくされていますね(笑)

赤坂そんなふてくされた僕に八木さんが開口一番、「赤坂さんがエースなので、期待しています!」と言ったんですよ。

なんと!

赤坂新規オープンした水戸店では僕が比較的長く勤めていたからだったのかもしれませんが、驚いてしまって。うだつの上がらない自分に嫌気がさしており、「どうしたら変われるのかな?」と路頭に迷っていたタイミングでまさかのエースなんて。畳み掛けるように、「ここからの成長を期待しています。見返してやりましょう」と言われました。

そのとき、赤坂さんはどう思ったのですか?

赤坂不思議とワクワクしていました。水戸店で僕はこれからどう変わっていくんだろう?という未来への期待です。誰かから期待されることが、こんなにもモチベーションになるなんて思ってもいませんでした。暗闇から引き上げてもらったような気分です。期待に応えるため改善できそうなことは全て変えようと決めました。

何を変えていったのでしょうか?

赤坂やっぱり「思考」ですよね。ネガティブからポジティブに、というと「何だ、そんなこと?」と思われるかもしれませんが、僕の経験から言えばこの思考の切り替えが天と地の差なんです。

akasaka_02
STORY 03 「あなたがいなかったら一生を無駄にするところだった」

ネガティブからポジティブに変えることがそんなに重要なのでしょうか?

赤坂もちろん、ポジティブになっても失敗を消すことはできません。ですが、過去を挽回するための未来を作ろう!という原動力になります。今までの僕は何か起こったらいつまでもクヨクヨ悩むだけで具体的な改善を行なっていませんでした。ですが、思考が変わってからは、ゲストの行動の全てが自分に不足しているものを示すサインに思えたんです。

ゲストの行動がサイン?

赤坂ゲストの質問にその場で即答できなかったら「なんて駄目な自分なんだ」ではなく、「この分野の知識が抜けていたな。ちゃんと勉強して次回に生かそう」となり、ゲストの表情が曇っていたら、「つまらなかったのかな」と不安になるのではなく、「ゲストをワクワクさせる声の掛け方は何だろう?」と考えてみるなどです。

小さな意識の変化が積み重なって大きな変化になるんですね。

赤坂行動を変えたことで、更に思考の変化が生まれました。最も変わったのはゲストに対する想いです。今まではゲストのプライベートの話はあまり聞かない方が良いと思っていたんです。誰でも聞かれたくないことはありますし、正直に言えば体重を落とすだけなら、詳しい事情を知らなくたって達成できます。でも、水戸店に異動して結果が伴ってくるようになってからは、ゲストをもっと知りたい!と思うようになったんです。「この方は何に悩んでいるのだろう?」「どうして悩んでいるんだ?」「その悩みは身体にどんな風に影響を与えているのだろう?」と疑問が次々と出てきました。

akasaka_03

ゲストへの興味が増したんですね。

赤坂疑問がコミュニケーションの始まりだと思うんですよね。以前は身体だけをケアすれば良いと思っていたのに、いつの間にか「ゲストの身体も心も助けてあげるためには自分は何ができるのか?」と考えるようになりました。自然とインプットの時間も量も増え、ゲストに送るメールの内容も濃くなりました。次第にゲストからの信頼度も格段に上がり、継続申し込み率もアップしたんです。

思考を一つ変えただけで、良いことづくしですね!

赤坂そうですね。水戸店には2年ほど在籍しましたが、多くのことを学ばせてもらいました。その後、代々木上原店、六本木店へと異動しましたが、心がけていることは同じです。今では、沢山のゲストから嬉しい言葉を掛けていただけるようになりました。「あなたというトレーナーがいなければ体も心もまで変わることは絶対になかった。一生を無駄にするところでした。本当に心から感謝しています」と言ってもらえた時なんて、まさにトレーナー冥利でしたよ。

akasaka_01
STORY 03 偽りの無い自分でぶつかるのみ

赤坂さんの今後の目標を教えてください。

赤坂全国のトレーナーのうち毎年上位5名が選出され、「スーパートレーナー」という称号が授けられるのですが、目指すはやはり「スーパートレーナー」ですね。

上位5名!それは格好良いですね。

赤坂あとはクヨクヨしないことですね。人間ですからたまに落ち込むことはありますが、そういう時は「クヨクヨしたままの自分は、この先どうなる?」と自問自答するようにしています。「自分はもう駄目」ではなく、ちゃんと原因を突き止めて、次に生かせば良いんです。もう弱い自分を認めて隠さないでいこうと思うんです。悩んでも良いけど、立ち直る。

大事な考え方です。

赤坂自分を隠してもゲストには簡単に見破られてしまいます。偽った気持ちは届きません。そのままの自分でいくしかないんです。

akasaka_05

なるほど!勉強になります。赤坂さん、本日は貴重はお話をありがとうございました!スーパートレーナーへの道のりを応援しております!