NOW LOADING...

RIZAP

RIZAP REAL

STAFF

RIZAPで働くスタッフの声

2017.06.23

感動を生み出すサプライズを続けたトレーナーが手に入れたものとは?


アシスタントマネージャー近藤ちひろ
アシスタントマネージャー
近藤 ちひろ(こんどう ちひろ)

ライザップ堺東店の店舗責任者。ゲストへのサプライズをすることで、期待を上回る感動を生み出している。

STORY 01 人を喜ばせることを己の原動力にするトレーナー

ライザップには、ゲストの期待を上回る感動を提供するための「WOW」という取り組みがある。

ゲストが目標を達成した時や誕生日などの記念日にお祝いの気持ちを込め、また、停滞期や悩みを抱えている時には励ます気持ちを込めて、プレゼントや手紙、時にはオリジナルの映像などをプレゼントするというライザップの文化である。

このWOWにこだわりを持って取り組み、多くのゲストの感動を生み出してきたのが、ライザップ堺東店のアシスタントマネージャーである近藤ちひろだ。

近藤トレーナーの常にゲストを喜ばせようとする全力の姿勢は、ゲストからの信頼を集めており、担当してきたゲストのほとんどが、1年以上継続という実績につながっている。

今回の「the Polestar(ザ・ポールスター)※」では、ゲストや共に働く仲間との信頼関係を築きあげる近藤トレーナーの人を信じ抜く力に密着した。

※the Polestar・・・ライザップが大切にしているスタッフが進むべき道標をもっている人物にフォーカスしたドキュメンタリー映像シリーズ。

 

STORY 02 編集後記 「愚直な行動によって生まれる信頼」

ロールモデルを見つけては、その人の言動を愚直に真似して自分のものにしていく近藤トレーナー。

「『この人みたいになりたい!』と思ったら、その人の言動は真似するべきだと思うんですよね。その人にはなれないけれど、その人の言動を真似して自分のものにすることはできるので」と熱っぽく語る姿からは、並々ならぬ成長意欲を感じました。

愚直に行動する近藤トレーナー

そんな近藤トレーナーのロールモデルは、歴代の「the Polestar」出演スタッフたち。

「入社してから『the Polestar』に選ばれることを目標に頑張ってきました」と話してくださり、「the Polestar」という作品がライザップのスタッフにとって進むべき道標となっていることが、制作している身としてとても嬉しいことでした。

そして、念願の「the Polestar」出演。

驚いたのは、撮影終了間際に、夢を叶えた近藤トレーナーをお祝いしようと、仲間たちからサプライズがあったことです。

仲間からお祝いされる近藤トレーナー

近藤トレーナーの夢が叶ったことを自分ごとのように喜ぶスタッフたちを見て、目標に向かって愚直に努力を重ねる近藤トレーナーの日々の取り組みは、ゲストとの信頼関係だけではなく、仲間との信頼関係も築いていることに気付かされました。

日頃から、共に支え合い、喜びを分かち合える関係を共に働く仲間と築けているからこそ、ライザップはゲストに徹底的に寄り添い、期待を上回る感動を生み出せているのだろうなと改めて感じた密着撮影でした。

信頼できる仲間たちの存在