NOW LOADING...

RIZAP

RIZAP REAL

GUEST

RIZAPに通うゲストのストーリー

2018.05.14

愛する人を失い、無気力になった女性が、ライザップで明るさを取り戻した理由とは?


nakabayashi
GUEST PROFILE
中林 布欣子 様(女性 59歳)

スタイリスト。趣味はマラソン。

STORY 01 一人でも楽しく生きていきたい

中林 布欣子(なかばやし ふきこ)さん、当時59歳。
夫が脳出血で倒れ、そこから6年に及ぶ介護生活が始まる。

自分の気付けば、体重は70kgにまで増えていた。
体型が崩れていくことを感じながらも、夫の看病を最優先に考え、自分のことは後回しにする日々が続いた。

気が付けば、体重は70kgにまで増えていた。

夫の様態が良くなることを願って看病を続けたが、その期待も虚しく、最愛の夫は他界。

喪失感から無気力になり、生きる意味すらわからなくなった中林さん。

このままではいけないと思い、夫のことを考えなくて済むように、何か夢中になれるものはないだろうかと考え始めた時、目に止まったのがライザップのTVCMだった。

一念発起しライザップへ入会した中林さん。

順調に体重は落ちていくものの、心は未だ閉ざされたままだった。

しかし、セッションを続けていく中で彼女の心は少しずつ溶かされていく。

身体だけではなく、心すらも変化を遂げた背景には、中林さんを担当する中村トレーナーの献身的な寄り添いがあった。

ライザップで手に入れた体と心の変化を描いた、ゲストストーリー動画「IL SOLE(イルソーレ)」。

肉体の変化とともに、元の前向きさを取り戻していった中林さんだからこそ語れるストーリーを是非ご覧ください。