NOW LOADING...

RIZAP

RIZAP REAL

GUEST

RIZAPに通うゲストのストーリー

2018.01.20

救命救急医で多忙な日々を送りながらも9.9kgもの減量に成功。自分に甘い人でも痩せられる理由とは?


救命救急医で多忙な日々を送りながらもライザップで9.9kgもの減量に成功した櫻井さん
GUEST PROFILE
櫻井 将継 様(男性 31歳)

救命救急医。

STORY 01 量よりも質を求めて入会へ

櫻井 将継(さくらい まさつぐ)さん、当時31歳。

救命救急医として多忙な日々を送る櫻井さん。ライザップに通われる前の体重は76.9kg。

ライザップに入会する前の櫻井さん

ある日受けた健康診断の結果はお腹周りが87cm。
医療従事者でありながらメタボリックシンドロームであることに気づき、焦りを感じる。

しかし、月の半分が当直といった忙しい生活を送る自分は「痩せるのは無理だ」と諦めていた。

そんなとき「週2回50分」とうたうライザップの広告を目にする。

量よりも質を求めれば良いのでは?と、ライザップへの入会を決意した。

「自分に厳しくない性格」と自らを分析する櫻井さん。
一食くらい良いか、と夜中につい白米を食べてしまったこともある。

それでも、短期間で9.9kgもの減量に成功。

挫折することなくライザップで変化を得た背景には、自分に甘い彼を決して責めるでもなく目標達成に導いたトレーナーの存在があった。

ライザップで手に入れた体と心の変化についてゲストにインタビューした映像シリーズである「コクーンの翼」。

今回の「コクーンの翼」では、忙しい自分は痩せることができないと諦めかけていた櫻井さんが、ボディメイクを通して変化していく姿が描かれている。

自分に厳しくない性格の人でも目標達成に導くライザップの手法とは?

ライザップを体感した櫻井さんだからこそ語れるリアルなストーリーを是非ご覧ください。